raidがあれば万が一壊れてもデータを復旧できる

  1. ホーム
  2. 日頃のバックアップ

日頃のバックアップ

システム

備えなければ患いだらけ

パソコンのハードディスク内にあるデータには家族の写真や家計の情報、パスワードなど多様な個人情報を管理していることでしょう。それが時にウィルスの感染やハードディスクそのものの障害、突発的な故障などにより他の端末に入れ替えたり、OSを再インストールを行うことが起きた時に完全に元通りにするためには日ごろからバックアップを取ることが必須となります。クラウドサービスなどオンライン上にバックアップをしてくれる外部サービスがありますが、個人使用のデータでも以前より格段にデータ量が膨大化しているので全ての保証を外部に求めるのは厳しいものがあります。少なくとも自分の使用しているソフトや、保存データのデータ復元がどのようにして行えるか自分で整理し事前に把握しておくようにしましょう。

復元方法は二重化が理想

単純な画像や動画のデータ復元は複製を元に戻せばそれで済むことです。ですがその複製を保存するために使う外付けのハードディスクなどの外部記憶領域も、それ自体が老朽化しデータが破損することがあります。またOSのリニューアルにより認識の互換性などによる障害が出ることもあります。ですので例えばハードディスクへのバックアップは二種類以上のものを使いミラーリング化を維持しながら保存をしていくなどの配慮が必要です。固有のソフトのデータ復元は保存データのみを元に戻しても正確に復旧しないことがあり、専用のデータ復元機能を使って行うものもあります。それについては個別に正規のバックアップ方法を確認しておき、設定ファイルやプロパティ情報を含めデータ復元に必要な情報を退避しておきましょう。使用することに集中してしまい、データの復元に何が必要かという観点が見落としがちですが大事なデータやソフトを維持するために必ず気をつけておくべき点だと認識してほしいです。