raidがあれば万が一壊れてもデータを復旧できる

システム

日頃のバックアップ

データ復元が必要になったときに備えて、普段からデータの種類やソフトの設定やバージョンに合わせてバックアップファイルを保存しておく必要があります。いつハードディスクやソフトに障害がおきるかもしれないということを認識し普段から備えておきましょう。

男性

データ集計の効率化

データ集計のためにデータ送信を行わせていると個人への負担が大きいだけでなくミスを起こすリスクが高くなります。オートパイロットシステムの導入により効率化が行えますが、サーバー負担も分散させて日中の他の業務も効率化可能です。

Recommended

  • 株式会社ネオジャパン

    ウェブメールのことで不明点があるのなら、こちらを見ておくといいですよ。分からないことについて細かく説明がされています。
  • エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社

    利用状況の確認をすることができるので、データセンターに関することが知りたいならサイトを確かめておこう。

データ保存と消失防止

パソコン

ディスク故障への対策

企業では、作成した資料などをファイルサーバーに格納し、保管や共有されることが多くなっている。これらのファイルサーバーでは、格納先のディスクが故障してしまうとデータを参照できなくなったり、使用できない状態になってしまう。業務で作成した資料などでは重要な資料も多く、これらが消失してしまうことで業務に大きな影響を与えてしまう可能性が有る。これらの状況を回避するために用いられるものとして、raiddがある。raidは複数台のハードディスクを組み合わせて仮想的に1台のハードディスクであるかのように動作する仕組みである。その為、操作としては1台のディスクに書き込んでいるように見えるが、実際にはもう1台への書き込みも行われる。

バックアップの手軽さ

raidを使用することで、同じデータを複数のディスクに保存することができるようになる。その為、万一1台のディスクが故障しても、もう1台のディスクに書き込んでいたデータから復旧することが可能になる。データをバックアップする際、通常は別のディスクを接続し、データーをコピーするなど手間がかかる。また、前回コピーしたタイミングから期間が空いてしまうと、その空いた期間分のデータが復旧できなくなる。raidでは、データのバックアップを意識的に行うのではなく、システムの仕組みで行われるため利用者が意識する必要がなくなる。これらのことから、万一の場合でも最新の状態の資料で復旧することができ、復旧できない分を無くすことができる。

IT

オンライン上のストレージ

大勢でデータを共有することができるオンラインストレージは、導入すれば法人でも大活躍してくれます。ビジネス向けのオンラインストレージを選べば、仕事に使える便利な機能も付属していますので大変オススメです。