raidがあれば万が一壊れてもデータを復旧できる

  1. ホーム
  2. データ集計の効率化

データ集計の効率化

男性

オートパイロットの活用

企業では個人が行った業務に関するデータを集計する必要が頻繁に生じますが、その際にデータ送信を促していると個人に負担がかかります。オートパイロットシステムを社内に導入することで必要な情報を自動的に個人のパソコンから集計するようにするとデータ送信の手間をなくすことが可能です。オートパイロットにより個人のパソコンを監視し、該当するデータが保存されたときに自動でデータ送信を行うことができます。あるいは定期的に検索するシステムを導入することによりデータ集計を行うシステムも搭載可能です。オートパイロットを行うことによりデータ送信を忘れたことによる集計ミスを防ぐことができると共に、送信先を誤ることによるデータの漏洩も防げるのが特徴です。

集計以外の業務も効率化

オートパイロットの導入によるデータ集計は効率化が行えるのが最も大きなメリットです。社内サーバーを利用していたとしてもデータ送信によるサーバー負担は大きいものであり、集計のためのデータ送信を業務時間中に行うのは業務の速度を低下させる原因にもなります。その点を考慮して夜間に個人のパソコンを周回するオートパイロットシステムを導入すると日中は業務にサーバーを活用でき、夜間は集計に利用することができてサーバーの負担も分散させることが可能です。これによって日中の仕事もデータ集計も同時に効率化することができます。日常的にデータ集計を必要とする現場ではオートパイロットシステムの導入によるメリットが大きいでしょう。